開業支援から経営計画、相続・事業承継までサポート。大阪市中央区の税理士事務所です。

TOMINAGA tax accountant office

月次決算のすすめ

経営で重要なことは現状把握

 経営において最も重要なポイントは何でしょうか?

 それは、自社の現状を把握できているかどうかです。孫子の名言にあります『敵を知り己を知れば百戦危うからず』の通り、自社の現状を早く正確に把握できることは、安全な経営につながります。

 資金繰りが厳しい局面では資金繰り対策が必要です。利益が十分に出ている場合には、節税するか貯蓄するかの選択も重要な経営判断になってきます。そのいずれにおいても現状把握が第一歩となり非常に重要なポイントとなります。

 では、現状を正確に知るためには何が必要でしょうか?これこそが『月次決算』です。月次決算とは、毎月の業績を企業会計のルールに基づき適時正確に行うものです。この月次決算がしっかりできている会社は全国平均値に比べ黒字率が高いというデータも出ております。

 ただし、月次決算を行うためには前提条件があります。それは自社で経理を行うことです。自社経理ではなく会計事務所などに丸投げ経理をしてしまっている場合、丸投げを受けた会計事務所などにとっては、受け取った資料だけで取引の詳細がわかるはずがなく、そこでは予測的経理が行われてしまいがちで正確性を欠いてしまいます。また、資料の受け渡しなどで月次決算を行うまでに相当な時間を要してしまうため、経営者が月次の業績データを目にするのは数ヵ月後・・・などということになってしまいます。自社で月次決算を行うための経理体制を構築し、適時正確な会計データを基に毎月毎月事業のこれからを検討することで、経営者は必然的に成長することができると言われております。

 そのため、当事務所では「月次決算」を自社で行うことを推奨しており、そのための経理指導に注力しております。

 当事務所は、自社で行われた経理事務について、証票書類(領収書や請求書など)の確認を行い、会計データと証票書類を突合し、正しく経理されているかを確認し、その結果をもって経営者様に最新の業績報告を行います。これを『月次巡回監査』と言います。

 大切な会社と社員を守るため、経営者の皆様は是非、月次決算を行い、会計事務所の『月次巡回監査』を受けてください。

取引発生から月次巡回監査を受けるまで

『取引』⇒「基幹システム」

 

取引が行われると、まず証票書類(領収書や請求書など)をファイリングし、整理整頓します。それぞれの事業に適した基幹システム(販売管理ソフト、POSレジ、勤怠管理システム、Excel、手書き帳簿など)に滞りなく記帳(データ入力)します。

書類の整理整頓は経理の基本です。当事務所では経理担当者様に月次決算を行うための経理の基本からご指導させていただいております。

⇒ 「財務システム」

 

基幹システムのデータを、会計データにするため会計ソフトへの入力を行います。この入力事務を会計事務所に委託することを「記帳代行」と言いますが、自社の現状を適時正確に把握していくためには、自社でこれ行う必要があります。

最新のシステムを活用することで経理は効率化できます。会計入力に関しても書類整理と合わせて基本からご指導させていただいております。

⇒ 『月次巡回監査』

 

自社で行われた経理事務について、月次巡回監査にてチェック作業を行います。それを基に経営者様に業績報告を行い、節税や貯蓄などの助言をさせていただきます。その上で経営者様には事業の「これから」をご検討いただきます。

また、税務署への確定申告、金融機関への決算報告についても、月次巡回監査を受けられた正確なデータを基に行うことで信頼度が向上します。

 

TKCシステムについて

TKCシステムとは、株式会社TKCとTKC全国会が共同開発している会計ソフトをはじめとした戦略経営支援システムです。

TKC全国会とは※11,400名の税理士が加入する職業会計人集団です。

(※2020年12月31日現在)